アニマルライツ

イヌに教え、教えられ 第34回 親に教えることは難しい

 

イヌに教え、教えられ

第34回 親に教えることは難しい

ある日、実家で暮らす母が、保護犬の「にじ」と暮らし始めました。
先代犬が亡くなってから外に出る機会が減っていた母。
一緒に歩いてくれる犬がいれば、散歩で外出するだろうと勧めたのがきっかけでした。

にじは、ブリーダー廃業で放棄されたポメラニアン。
推定8歳のおばあちゃん犬です。
私は、完全室内飼育と小型犬を飼うことが初めての母と、初めて家庭で暮らすにじの生活をフォローするために、トライアル開始のタイミングで実家に通うことにしました。

今まで犬と暮らしてきた経験がある母には、母なりの飼い方があります。
そこに「脱走」や「誤飲」の危険性、防止ゲートの必要性を伝えても「先代犬は平気だった」となかなか理解してくれません。
そんな母に、親子の甘えなのか、私も犬の飼育についての正論を並べるだけで、状況は悪循環に、、

「にじ」との暮らしは、日常的なお世話に加え、
散歩の途中、立ち止まり動かなくなってしまうにじにとって必要な散歩トレーニングや室内飼育とセットになるトイレトレーニングもしなくてはなりません。
そんな状況に、「1日がにじの世話だけで終わっちゃう、、」とつぶやく母。

皆さんも経験があるかと思いますが、
他人同士であればスムーズにいくのに、親と子になるだけでなかなかうまくいかないことがあります。

トライアル開始から1週間後。
母から「にじは、いつも笑ってるけれどなんで?」と聞かれました。
私は、にじが
繁殖場で子供を産まされていたこと
散歩をしたこともないだろうこと
多くの時間をケージで過ごし、人との関わりが少なかったこと
を伝えました。
そして、きっと今は毎日楽しいのかもしれないねと。

すると、母は少しの間をおき「あぁ~」とだけつぶやいた。
母なりに思うところがあったのかなかったのか、私には分かりませんでした。

それから1週間が経ち、トライアルから2週間後。
実家に行くと、そこには以前と違う雰囲気がありました。
「にじ、散歩だよ~」と大きな声を掛ける母。
母の得意技「ご飯前のスワレマテ5秒」絶好調!
夜、母に抱かれ、ゆっくりお腹を撫でられているにじの姿。
「忙しい!」「1日がにじの世話で終わる!」と言いながら、母の口調は軽やかで、なんだかとても活気がある。

母に、この1週間の様子を聞くと、
にじと散歩をしてると声を掛けられて立ち話になるだとか、ご飯作ってる時大人しく待てるにじは、夜も吠えず、なかなかいい子だと。
そして、「にじは、他に行くとこもないだろうしね」と。
言葉は素っ気ない感じだが、嬉しそうに話す母の様子を見て、

・・・もう大丈夫かな

ホッとしました。
そんな私の気持ちを知ってか知らずか、にじは今日も笑っている。

 

2017年9月22日掲載

 

イヌに教え、教えられ
第33回 「怖い」を「期待」に変えていく

イヌに教え、教えられ 第35回
「根気よく、気長に向き合う」その後

里見 潤

里見 潤

投稿者の記事一覧

(さとみ じゅん)

ドッグコーチ

1975年、横浜市生まれ。2004年、警察犬訓練校に入学、出張トレーニング会社を経て、保護活動団体「Dog shelter」の専属スタッフとして、保護犬のトレーニング、一時預かり家庭と里親家庭の間に入り、アフターフォローを担当する。
2012年7月より独立。出張、及び預託トレーニングを柱に活動する傍ら、保護犬の一時預かりを継続中。
 
日本警察犬協会公認訓練士
ジャパンケネルクラブ公認訓練士
東京都動物愛護推進員

 保護犬預かりを主に、トレーニングのことを書いている里見潤さんのブログ
 「イヌと歩けば。」http://setahachidog.blog.fc2.com

関連記事

  1. イヌに教え、教えられ 第17回 足りないものに気付かせてくれる
  2. ドッグシェルターの主な活動
  3. 「吠えグセ」を考えてみよう 第2回.飼い主ができること
  4. イヌに教え、教えられ 第21回 得か、損かで考える
  5. イヌに教え、教えられ 第19回 みんな違っていい
  6. イギリスとスイスの動物事情 第2回 イギリスの動物福祉「Sout…
  7. イヌに教え、教えられ 第5回イヌは人と人をくっつける
  8. 絵本 『さいごのぞう』 作者 井上奈奈さんインタビュー

今月の人気ランキング

PAGE TOP