食事・食べもの

ペットの雑学 第1回 犬・猫にチョコレートがNGな理由

ペットの雑学

第1回 犬・猫にチョコレートがNGな理由

    


犬にチョコレートを与えてはいけないというのは、よく知られている話です。
 
チョコレートを犬に与えてはいけない理由は、カカオに含まれる「テオブロミン」という成分により中毒症状を起こす可能性があるからです。
「テオブロミン」は、チョコレート菓子やココア、チョコレートシロップなどにも含まれているので注意が必要です。

「テオブロミン」とは、どういう成分?

「テオブロミン」は、チョコレート・カカオ豆・カカオ豆の外皮・コーラ・茶に存在している物質で、特にチョコレートやカカオ豆の含有率が高い成分です。
簡単に言うと、「テオブロミン」は、カフェインと親戚関係にある物質です。
カフェインはコーヒーなどで有名な成分で、皆さんが知っている通り、弱い興奮作用や利尿作用があります。強さに違いがありますが「テオブロミン」にも似たような作用があります。
 
そして、犬は人間や他の動物に比べて摂取したテオブロミンを肝臓で代謝(解毒分解)する能力が非常に低く、摂取したテオブロミンを分解排泄する能力は17.5時間で50%(半減期)と言われています。逆に言うと、摂取してから約24時間が非常に危険な時間帯でもあるということです。

「テオブロミン」の中毒症状

「テオブロミン」は、心臓や中枢神経に働きかける作用があります。
下痢や嘔吐のほか、発熱・興奮・不整脈・バンディング(息が荒い状態)・運動失調(フラフラする)、痙攣や発作などの神経症状を起こし、昏睡状態に陥ることも。最悪の場合、突然死に至ることもあります。

チョコレートをどのくらい食べたら危ないのでしょうか?

チョコレートの種類により、カカオ含有量の違いがあり、「テオブロミン」の量も違います。
 
      【100gあたりに含まれるテオブロミン量】
      ミルクチョコレート…155mg
      セミスウィート・ダークチョコレート…460~650mg
      ココアパウダー…500~2120mg
 
犬の体重10kgあたり、テオブロミン500mg〜1000mgを摂取すると中毒症状を起こし、2500mg〜5000mgを摂取した場合は、50%の確率で死亡してしまうというデータがあります。
したがって、10kgの犬がセミスウィートチョコレートを約100g以上摂取した場合、中毒症状をあらわす可能性があります。
また、ミルクチョコレートはミルクや砂糖を含んでいるために、セミスウィートチョコレートに比べてテオブロミン含有量はやや少な目になっています。
ビターなチョコレートは、少量食べただけで危険なため、より注意が必要であると覚えておきましょう。

もしチョコレートを食べてしまったら?対処法について

チョコレートを食べてしまったときは、救急を要しますので、すぐにかかりつけの動物病院に連絡をし、催吐処置(吐かせること)をしてもらって下さい。
解毒剤はありませんし、犬のテオブロミンの代謝機能は良くありませんので、治療法はとにかく、すみやかに吐かせることです。摂取してから時間が経過してしまうと、胃洗浄が必要となったり、最悪の場合、命の危険を伴ってきます。

愛犬・愛猫のチョコの盗み食いにはご注意を!

テオブロミンが危険なのは猫も同じです。
犬にチョコを与えてはいけないとわかっていても、知らない間に口に入れてしまっていた!などということもあります。
保管方法に十分気をつけましょう。

 

2016年2月19日掲載

 

 

[goron_pagenavi]
[Addlink_Matome twitter_text=”「ペットの雑学 第1回 犬・猫にチョコレートがNGな理由」”]
[Addlink_Pagetop]

 

 

 GORON 吉川奈美紀 

goron

投稿者の記事一覧

GORON スタッフ

関連記事

  1. ペットのフード選び 第5回.避けたほうがよい食材
  2. 獣医師とつくる ペットの健康を考えるごはん 第1回 ペットにとっ…
  3. ペットのフード選び 第4回.トッピングのすすめ
  4. ペットのフード選び 第2回.ダイエット
  5. 獣医師とつくる ペットの健康を考えるごはん 第2回 1頭1頭の個…
  6. 簡単ワンコおやつレシピ 第1回 秋が旬のサツマイモや手軽な食材を…
  7. ペットの医療・健康 第20回 「肥満」のリスク
  8. 犬の手作りごはん 第2回 簡単手作りアイデア集

今月の人気ランキング

PAGE TOP